ブログ

2021.05.14おかあさん、お空のセカイのはなしをしてあげる!

Pocket

 

 

こんにちは。

「胎内記憶」やそれ以前の「中間生記憶」などについて教えてくれる「ひぃちゃん(作者さんの長女)」のお話が本になっています。

タイトルが「おかあさん、お空のセカイのはなしをしてあげる!胎内記憶ガールの日常」!

 

 

170ページもありますが、コミックエッセイなので一気に読み終えます。

妄想なのか事実なのかは別として、とても面白く、たくさんの読者の心を軽くしてくれました。

少しご紹介したいと思います。

 

1,流産は、赤ちゃんが「おかしを忘れた」から!?

赤ちゃんはお母さんのお腹に入るとき、おかしを持っていくそうです。

おそらく、妊娠したときに確認できる卵黄のう(赤ちゃんが栄養を摂るお弁当箱)がおかしのことだと思います。

・おかしを忘れて、お母さんのお腹に入った。

・お空のセカイ(お母さんの中に入る前の別の場所)でおかしを食べる練習をしないでお母さんのお腹に入り、うまくおかしが食べれなかった。

などの理由で、お空のセカイへ戻って行く赤ちゃんがいるそうです。

 

2,お母さんのお腹へ行くのは大変・・・

赤ちゃんは、お空のセカイからお母さんのお腹の中へ行くとき、「虹のすべり台」を使うそうです。

そのすべり台がものすごく危ないらしく、神様から滑り方を教わっても、ケガをする子がいるそうです・・・。

また、滑る場所を間違えると、違うお母さんのお腹の中へ入るらしく、ひぃちゃんは「ワニ」になっちゃうところだったそうです・・・。

 

テレビでも紹介されていたお話なので、現在は品薄かもしれません。

この本が気になる方は、見つけましたら即買いすることをオススメします。

それでは、また次回の更新もよろしくお願いします。

 

 

エントリーはこちらエントリーはこちら

お急ぎの方は下記までお電話ください

埼玉、東京、千葉、神奈川で
お仕事をお探しの方

10:00〜18:00(日曜日を除く)

福岡・兵庫でお仕事をお探しの方

9:00〜18:00(土日祝除く)

お問い合わせ
トップページへ