ブログ

2021.07.30はざまのコドモ

Pocket

 

 

こんにちは。

今回も本をご紹介したいと思います。

それがこちら「はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児」。

 

 

影草さん(母)が、健常者でも知的障害者でもない、知的ボーダーのヨシ君(息子)と、人との付き合いや進学などに苦労しながらも、ヨシ君の意思を尊重し、最善を尽くすお話です。

発達障害についてもですが、教育とは何か?サポートとは何か?などの問題点も出てきます。

 

1.知的障害者手帳がもらえない

小学生のヨシ君は、日常生活でも学校生活でもサポートが必要なのですが、知的障害者に交付される療育手帳が、ヨシ君の場合「IQ75以上」という理由でもらえませんでした・・・。

ヨシ君が六年生の頃、中学進学について、普通学級も特別支援学級も難しかったため、影草さんはとても苦労しました・・・。

 

2.偏見や脅迫

一部の医者や先生などは、ヨシ君や影草さんのことが理解できず、「そんなに子供を病気にしたいワケ?」「すぐ転校しろ!!」など、心無い言葉を浴びせます・・・。

医療や教育のスキルがある方々でも、こんなに酷いことが言えるとは・・・すごくショッキングです・・・。

 

最後に、こちらの本の口コミで、私がとても共感した言葉があります。

『障がいのあるなしに関わらず、その子の性格や個性、子どもの要望にあった形で、教育が提供されて欲しいと心から願います。』

確かに普通の子でも、いじめや登校拒否、苦手な教科などで苦痛を感じる子はたくさんいます。

フリースクールや自宅学習など、良い点や注意すべき点を把握して、子どもにとって最も良い学習環境を整えてあげれるといいですね。

 

それでは、また次回の更新もよろしくお願いします。

 

 

エントリーはこちらエントリーはこちら

お急ぎの方は下記までお電話ください

埼玉、東京、千葉、神奈川で
お仕事をお探しの方

10:00〜18:00(日曜日を除く)

福岡・兵庫でお仕事をお探しの方

9:00〜18:00(土日祝除く)

お問い合わせ
トップページへ